04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

深呼吸して、前を向こう

~女は40からがおもしろい~


同年代との会話は果てしなく続く 

昨日の続き
「箱推し」という言葉を若者から教わる

私「Kさんに教えてもらった“箱推し”って若者用語なんだって。
  「おそ松さんの箱推し」ってのもあって
  6人全員を好き、もしくは登場人物全員好きって意味らしいよ。
  …おそ松さんっておそ松くんのことよね?」

40 「おそ松くんが大人になった設定じゃなかった?
   よく夕方に再放送してたから観てたよ。
   確か…シェーッ!がそうじゃなかった?」

 「おそ松さん」公式ファンブック


私 「子どもの頃に観てた記憶がないわー」

40 「おそ松くんと言えば、おでんが好きな…
   ほら、ちくわとか」

私 「…ちくわ好きは獅子丸よね?」

 By Amazon

40 「獅子丸は忍者ハットリくんよね…。じゃなくて…」

私 「おぉ!チビ太か!」
 By Amazon

40 「そう、それ!」


盛り上がったところで、人が帰ってきたので一時中断。
(仕事中だったんかい)


少しして彼女が呟いた。


「そういえば昔、“夢がMORI MORI”の番組で
 SMAPおそ松くんしてなかった?


「してたー!!!」


その後、大人しく仕事をする2人。
私はふと、あることが気になり彼女に呟き返す。


「SMAPは“音松くん”じゃなかった?」

 スマイル戦士音レンジャー


…同年代との会話は細い糸をグリグリこねくり回して
太い糸に変えてしまう威力がある。

そしてかなりの頻度で業務を中断させてしまうという
見えない力も…いやいや、それは心がけ次第だろ。


<今日の深呼吸>


---*----
ひっそりとブログ村にも生息中。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
---*----



category: 笑える人・驚く人・困った人

関連記事

Posted on 2016/05/05 Thu. [edit]

thread: 懐かしいテレビ番組  -  janre: テレビ・ラジオ

TB: --    CM: --

05

若者から教わった言葉 


ランチ中、大卒1年目・新入社員Kさん(女性)が
嬉しそうに話してくれた。

「Hey! Say! JUMPの公演日程が発表になったので
 朝から浮かれてて~」

その場にいたのは、30代半ばの女性1人と
私を含めた40代前半の女性2人だ。


私 「プレパドに最近よく出てるジャニーズの人?」

K 「それはキスマイです」

40 「私はKAT-TUNで止まってるわ…」

私 「確か男闘呼組の岡本くんの子供がいたような…」



K 「そう!そのグループです!」


私 「確か、金八先生の“しゅう”役がいたような…」



K 「八乙女くんですね(画像を見せてくれる)」

私 「まぁ、あんな小さかった子が大きくなって…」


…3人の‟オバさん感”たるや。
さらに頓珍漢な話は続く。


私 「とっても失礼とは重々承知していますが、
   Hey! Say! JUMPって、2時間近いライブができる
   曲数はあるん?」

40 「…ごめん、私もそれ思ってた。
   まさか半分以上トークなんかなって」

K 「ありますよ!!!!!」

30 「で、KさんはHey! Say! JUMPの誰が好きなの?
  (言われても分からんけど)」

K 「私は“箱推し”と言って、みんなが好きなんです。
  でも他のファンの子からは“絶対嘘だ!”って言われるので
  表面上は山田くん推しにしています」

30 「え~、ファン間でも大変なんだね~。
   …で、箱推しって何?

K 「箱推しとはグループのメンバー全員が好き、という意味です」

オバ3人 「ほぉぉぉぉ~」
a1370_000173.jpg


40 「プロ野球で話すと(いや、話さんでいいから)
   特定の選手はいないけど球団そのものが好きっていうのが
   “箱推し”ってこと?」

私 「“私は箱推しなんでドアラのユニフォームです”みたいな?」




40・私 「おぉ!わかりやすいーーーっ!」※野球バカ2人

私 「そうはいってもドアラのユニフォームはないけどな」

40 「わかるわー」

30 「ということは私の旦那さんはカープの箱推しだー。
   帰って教えてあげよーっ!」


…冷静な20代前半のKさんを余所に暴走中の3人。
言い方を変えれば(?)、若者の言葉を素直に聞く3人。
若者の言葉にも耳を傾けると、知識も深まると知った
ある日のランチタイムだった。


<今日の深呼吸>

おばさん事典




---*----
ひっそりとブログ村にも生息中。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
---*----



category: 笑える人・驚く人・困った人

関連記事

Posted on 2016/05/04 Wed. [edit]

thread: 日々のできごと  -  janre: ライフ

TB: --    CM: --

04

35歳・独身男性の心の叫び 


会社の先輩後輩であろう男性3人組が
合コンの話で盛り上がっていた。


「一緒に来てもいいけど、俺のこと持ち上げてくださいよ!」

「…(無言)」

「…この人、俺のこと蹴落とす気満々でいらっしゃるわ」

「そりゃ俺も、気に入った娘がいたらガンガンいくよ」


聞こえてきた(正しくは集中して聞いた)話では、
お気に入りの子との合コンが叶った、藤崎マーケットのトキ(似)さん、

その合コンに一緒に行こうとする先輩、俳優の田中哲司(似)さん、

既婚者で二人を見守る、六角精児(似)さん と思われる。


しばらくトキと田中哲司の小競り合いが続いたあと、
哲司が唐突に叫ぶ。


「あーーー!嫁欲しいーーーっ!」


切実な心からの叫びに、吹き出しそうになる私。
当たり前だが、そんなこと知ったこっちゃない哲司は
スッと姿勢を正し、トキを指さして言う。


「お前30歳、俺35歳。めっちゃいい年頃よね。
 嫁が同年代としても、子どももまだまだイケるよな」


哲司はフンフンと自分の言葉に納得しながら真顔で言った。


「俺、子ども7人欲しい…」

(c) .foto project



ゲホゲホゲホっ!


思わず吹き出してしまった。
慌てて咳き込んで誤魔化したものの…ダメだ。限界だ。


この場を離れるのは非常に惜しい。
だが、これ以上いたら今度は間違いなく大笑いしてしまうだろう。


私は後ろ髪を引かれながら、その場を離れた。


<今日の深呼吸>

はじめての男の婚活マニュアル



---*----
ひっそりとブログ村にも生息中。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
---*----



category: 笑える人・驚く人・困った人

関連記事

Posted on 2016/05/03 Tue. [edit]

thread: 日々のできごと  -  janre: ライフ

TB: --    CM: --

03