08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

深呼吸して、前を向こう

~女は40からがおもしろい~


カープ優勝まで、あとひとつ。鯉も大サービス! 

私も含めて身内にはカープファンが多いのだが
どういうわけか、友人知人には阪神ファンがずば抜けて多い。

昨日、カープが勝って巨人が負ければ優勝だったのだが
カープは勝ったものの坂本選手の逆転HRで巨人が勝ったため
カープの地元優勝が実現しなかった。

巨人の対戦チームは阪神。
昨日の試合終了後、YAHOOの話題なうに
阪神ファン発信だろう、「カープファン ごめん」のワードが上昇。

そして私にも阪神ファンの友人らから
「ごめん…」のメールが何通も。思わず笑ってしまった。


カープはマジック1になり、前回少し触れた
「カープの優勝セール情報」がどんどん増えてきた。
★参考★広島経済新聞:(まとめ)2016年広島東洋カープ「優勝セール」


そんな中、広島に住む(数少ない)カープファンの友人から
本日9月9日付の中国新聞の記事が送られてきた。

◎中国地方の主なカープ優勝セールやキャンペーン
carp_V7.jpg ※クリックで拡大


こうして並べて見てみると、懐の深さや太っ腹具合が分かる。

様々な店舗が集まっている施設は
それぞれの店の事情もあるだろうから難しいだろうけど、
「あんたのとこはもうちょっと頑張れや」とか、
「確かカープのスポンサーでしたよね?なのに消費税以下の値引額!?」や、
「次回来店時に使えるって…ここでリピーター狙うなよ」など、
突っ込みたいお店もちらほらと混ざっている。

やっぱり群を抜いているのは前回書いた「カープ鳥」だが
一番目を引いたのは、
長年のカープのスポンサーでもある「小西養鯉場」。
その内容はと言うと…


カープ優勝の翌日から1週間、
店内全てのニシキゴイを25%引きで販売!

a0008_000972.jpg


25年ぶりだから25%引き。
鯉屋さんだから、値引くのは商品である「鯉」。


まったく、どこも、おかしなところは、ない。
むしろ、カープは「鯉」なのだから
他店では真似できない素晴らしいサービスだ。


だけど、どこか笑えるのはなぜだろう。


まずは庭に穴掘って…いやいやいや、
我が家は一戸建てじゃないし、庭もないし、無理無理!


一体、どのくらいの鯉がこのセール期間で
一般家庭に売れるのだろう。とても気になる。


ちなみに、今回の25年ぶり優勝で
広島市内の百貨店は、当時を知る人がいないようで
阪神百貨店に「優勝セール」のやり方を聞いたとか。

さらに、カープ球団までもが
ビールかけのアドバイスを他球団に聞いたらしい。
「ビールは何本くらい…?」
「1000本くらいでいいんじゃないの?」
「えっ!? そんなに冷やせる冷蔵庫がありません!」
「…いやいや、冷やしちゃダメだから!」


…横浜が優勝したいつぞやのビールかけでは
気を利かせた(つもりの)スタッフがキンキンに冷やしたビールを準備。
選手らはブルブル震えながらビールかけをしたという。
案の定、数名の選手が風邪をひくというおまけつき。


~と、カープ優勝に向けて右往左往している広島の人たち。
なんて愛おしい。


今日は巨人が勝ったので優勝は土日に東京ドームで行われる
直接対決で決まる可能性が高い。


結局、ビールの本数はホームでは4800本、
東京では3000本を用意することになったようだ。
さらにビールかけ時に選手・コーチ・スタッフ陣が着用するTシャツを
アレンジして優勝翌日に約3万枚、球場売店や関連ショップで販売、
各テレビ局は優勝特番を放送。RCCラジオは朝まで放送!


まさにワッショイワッショイ状態である。


もちろん一番の主役は勝ち抜いた選手たちだけど、
やっと優勝の瞬間をこの目で見ることができる広島ファン。


カープの優勝まで いよいよ あと、ひとつ。


---*----
ひっそりとブログ村にも生息中。
    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
---*----


category: 素敵なヒト・モノ・コト

関連記事

Posted on 2016/09/09 Fri. [edit]

thread: 広島東洋カープ  -  janre: スポーツ

: --    : --

09

お祝いモードに水を差す行為はやめてほしい 

盛り上がっているのは分かるのですが、
プレー中のウエーブはやめてください。
ボールが見えにくいので…



昨日、マツダスタジアムで行われた中日×広島戦。
9回表・広島守備中にウエーブが発生した件について
試合後に菊池選手がファンにこうお願いした。
9月6日付 日刊スポーツ



非常に情けない出来事に
プロ野球ファンとして怒りを覚える。

そもそも試合中のウェーブ応援を
カープ球団は禁止している。
★「広島東洋カープ公式サイト」


数百歩譲って「知らなかった」にしても、
ウェーブが発生したのは
あろうことか相手チーム(中日)の攻撃中。
その波は3塁側内野から始まり球場を1周してしまった。

試合そっちのけでウェーブにはしゃぐ
結構な人数のカープファン。
その光景をグランドで見た両チームの選手や
その場にいた中日ファン、良識のあるカープファンは
どんな気持ちでいただろう。

ホームゲーム、カープリードでの最終回、勝ったらM3といった
さまざまな要素が絡んでのウェーブだったのだろうが、
選手や対戦相手のファンにとって礼節を欠く行為だということを
ウェーブに参加した人はもっと認識すべきだ。
(先導者は出入り禁止になってほしい)

そもそも、本当のファンなのかと疑いたくもなる。


中継していたラジオでも苦言を呈している。

カープの強さを改めて感じた。
ただ残念だったのはプレー中にウェーブが起きたこと。
はっきり言ってウェーブは選手にとって邪魔でしかないし
両チームにとって失礼な行為。
カープファンにはルールを守って
最高の日を迎えていただきたい。




カープは25年ぶりの優勝に向けて残りマジック3。
早ければ今週中にも優勝が決まる。

広島では優勝セールに向けて準備に追われる百貨店や
飲食店などが連日テレビ等で紹介されている。

カープOBも経営している焼き鳥チェーン店「カープ鳥」では
優勝した次の日に焼き鳥と飲み物全品を無料にするらしい。
★カープ鳥の告知

百貨店のそごう広島店では優勝の翌日から
25年ぶり優勝にかけて全館で25円セールを開催。
(RCCテレビ 9月6日放送「イマなまっ!」で紹介)


時間がなく焦っているものの、嬉しい悲鳴と言わんばかりに
関係者たちは皆、笑顔だ。

そんな中での昨日の出来事。
ウェーブに限らず一部の心ないファンの行動によって
お祝いモードに水を差されるのは非常に残念だし、
何より馬鹿らしい。

「だから広島ファンは~」など、
どうしてもファンは一括りにされがちなので
良識のあるファンは悔しい思いをしているだろう。

本当に、純粋に、カープの優勝の喜びを
選手もファンも気持ちよく味わってほしいと
心から、本当に心から、強く思う。



---*----
ひっそりとブログ村にも生息中。
    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
---*----


category: 笑える人・驚く人・困った人

関連記事

Posted on 2016/09/07 Wed. [edit]

thread: 広島東洋カープ  -  janre: スポーツ

: --    : --

07

負の感情をパワーに変えてダイエットに成功した女 

親友のRからLINEが入った。


大変!
友達が めっちゃ痩せてキレイになってる!!
しかも、婚活まで始めるらしい!



…何が大変なのか不明だが、
Rにとっては一大事のようだ。


私より5歳程年下(30代後半)のRは
贔屓目抜きにしても、色白で可愛い。
しかも、ぽっちゃりしていて色っぽい。
さらに、仕事もできて面白い。
よって、モテる。ただ、残念なことに男運がない。

「痩せたい」「結婚したい」とたまに口にするも
切羽詰った様子ではなく、飽き性な性格を自分で心得ていて
ダイエットや婚活的なことは殆どしてこなかった。


そんなRに今回の一大事について詳しく聞いてみたところ、
数ヶ月ぶりに会った年下の女友達が15キロの減量に成功
見違えるほどにキレイになっていたという。

ちなみにそのダイエット法は「ファスティングダイエット」。


3日でマイナス3kg! ファスティングジュース・ダイエット



その友達の変化は体だけではなかった。
以前から“一生独身”と宣言し、
結婚に全く興味を示してこなかったのに
この度、急に宣言を変えた。


「一度は結婚を経験したくなったから婚活を始めます」


それを聞いてRは完全にノックアウトされたようだ。
a1180_006881.jpg



…数日後、再びR連絡が入る。


今日、友達と一緒に婚活パーティに行ってくる!


どうやら友達に影響されて一緒に婚活を始めたようだ。
それだけならまぁ驚きはしなのだが、
数日後のRの発言はさすがに驚いた。


決めた!私、痩せるわ!


その宣言を私は右から左に受け流そうと思った。
なぜなら、Rはジムに入会してすぐに行かなくなり
数ヶ月も会費だけ払い続けていた過去があるからだ。


だが、今回のRは立派だった。
自分の飽き性な性格を見越して選んだダイエット法、
その名も、金にモノを言わせた2か月短期決戦だ。


ジムでの週1回のトレーニングに加えて
食事&栄養面もフォローしてくれる
マンツーマン方式の2か月コースを契約するらしい。
※ライザ○プではない。


汗をかくから夏は嫌いと毎年愚痴っているR。
真夏の2か月間という契約時期に本気度が伺える。


その後、本当に通い始めたRはトレーナーの指導のもと、
・炭水化物&アルコール禁止
・20時以降は食べない
・週1回、ジムでトレーニング
  といった、
Rの今までを知る者には信じられない努力の結果、
3週間で見事4キロ減を成功させ、現在継続中。


さて。
何がここまでRを動かしたのか。


考えるまでも無く
例の女友達の影響に間違いないのだが、
過去にもダイエットに成功した他の友達がいても
今回のような行動には出なかったR。



一体、今回と何が違うのか。


その昔、何かの本に書いてあって
納得した言葉を思い出した。


“負の感情”は最大限のパワーをもたらす。


怒り、焦り、不満、反骨精神…それらの負の感情は
考え方ひとつで大きな原動力になる。
それは幸せ成分からは決して生まれることがない
圧倒的な強さに変わり得る。

反対に、負の感情に負けてしまった場合は
負のスパイラルに陥ってしまい、
卑屈になったり自信喪失につながっていく。


今回のRは、自分と同じように
ダイエットも結婚にも焦っていない友達に
どこか安心感があったはずだ。

それがこの度の友達の変化によって“支え”が崩れた。

焦りなのか苛立ちなのかは私の知るところではないが
Rは今回の衝撃出来事に落ち込むことなく
自らを動かす「気迫」を手に入れた。


そう。Rは負の感情に勝ったのだ。


~と、格好良く言い切ったものの
“さて。” のくだりから全て私の想像だけれど。


そんな気迫溢れるRだが、
ジム決めの際に一度だけ“弱音”を吐いた。


入会に一つだけ迷いがあって…
トレーナーがイケメンじゃなかったらどうしよう。
やる気になるかならないかの重要ポイントよね…。



昔からイケメンにただならぬ執念を燃やすR。
こういう時にさえもブレることはなかった。
そんなRを微笑ましく思いつつも、私は心を鬼にして言った。


汗でぐちゃぐちゃの姿をイケメンに見られる方が
やる気なくすわ。



さすがに考え直したのか、数日後に入会したという報告が。
事前の妄想心配はよそに、担当トレーナーは女性だったようだ。
その報告の最後にあった一文に、私は吹いた。


違う支店の男性トレーナーがめっちゃ格好良かった!


そうか。それは良かった。
ただ、そのイケメンとは恐らく関わることがないと思うよ。


このイケメンに対する執着がパワーに変えることができたら
Rはとてつもなく最強になるだろうに…。


<今日の深呼吸>

怒りに負ける人、怒りを生かす人



---*----
ひっそりとブログ村にも生息中。
    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
---*----


category: その他、運動

関連記事

Posted on 2016/09/06 Tue. [edit]

thread: ダイエット  -  janre: ヘルス・ダイエット

: --    : --

06