04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

深呼吸して、前を向こう

~女は40からがおもしろい~


プレバトの俳句先生「夏井いつき」さんの講座に行ってみた 


TV番組「プレバト!!」の影響により、
次第に俳句に興味が沸くようになった。

【プレバト】(木曜よる7時・TBS系列)
俳句やいけばな、料理などに芸能人が挑戦し、専門家に“才能のアリナシ”を採点される番組。ダウンタウンの浜ちゃんがMCを務める。


特に俳句の専門家・夏井いつき先生の毒舌ぶりは
小気味良くて気持ちが良い。
梅沢富美男などの大御所に容赦なく突っ込めるのは
浜ちゃんか夏井先生だけのように思う。

梅沢富美男は先生を「なっちゃん」と呼んでご機嫌を伺い、
先生の言葉に一喜一憂。その光景はまるで
小学校の先生と悪ガキのやり取りにも見える。

そんな夏井先生の講座が地元で開催されると知って
参加することにした。速攻で満席になったようで
当日は“キャンセル待ち25人目でした”という人いた。


さて、この私。
プレバトを見て俳句に興味は持ったものの
「5・7・5」の中に季語を入れるという位しか知らず、
今の今まで全くもって作ったことがない。

しかし講座説明には、初心者向けと思わせる
「楽しいお話しを交え、俳句の簡単な作り方をお教えします」
とあるし、話を聞いて俳句の雰囲気を掴むだけで
実際に作ることはないだろうとお気楽な気持ちだった。

後日、受講料を払いに行く。
当日の持ち物や注意事項を見た私は思わず二度見する。


「当日は実際に俳句を作っていただきます」


……。


…なんということでしょう。
a0002_012052_2016052420280726d.jpg


翌日、友人に相談してみることにした。

「どうやら当日は、実際に俳句を作るらしい。
 交通安全の標語とは全然違うよね…
 新聞に投稿されている句をカバンに忍ばせておこうか…」

私の焦りとは逆に、友人は言った。

「新聞に載ってるのは俳句じゃなくて川柳よね

おぉ…なんと冷静な。


それから前日まで「歳時記(※)を買った方がいいのか」とか、
「いや、続けるかどうか分からないのに勿体無い」だとか
「最悪は携帯電話さえあれば検索でいける」など、
一人でドキドキしながら当日を迎える。

※歳時記=季語の解説と例句が載っている本



開場時間ちょうどに会場に入ると既に人だかり。
30名程度だろうと、何の根拠もなく勝手に想像していたが、
ゆうに100人は超えている。

空いていた後ろのほうの席に座り、席数を数えると約150人!
テーブルはなくパイプ椅子が会場一杯に並べられている。
持ち物の「下敷きのようなもの」という意味がやっと理解した。
(渡された記入用紙は膝の上で書くようになるので)

夏井先生の俳句講座は通称「句会ライブ」と呼ばれ
全国で開催されているらしい。
会場によっては数百人単位の参加者も。

登場された夏井先生は、テレビで観る着物姿とは違って
洋服姿でナチュラルな装いだった。

「プレパドがきっかけで参加される方は
 私が毎日着物を着ていると勘違いされているようです。
 しかし私は、着物に関しては全く詳しくなく
 “買えない・着れない・畳めない”ですから」

登場そうそう、さっそく会場を笑いに包む先生。

「俳句経験がない人を“チームすその”と呼んでいます。
 呼び名にはきちんと意味があって、
 “美しく広い裾野のおかげで高い山がある”
 裾野をどれだけ広げるかで山の高さが決まります。
 俳句の裾野を広げるべく私たちは活動しています」

a0001_010206.jpg

ということは私も“チーム裾野”の一員だ。
嬉しくなって思わずニヤけてくる。
会場にいる他の“チーム裾野”さんたちも何だか嬉しそう。


今回の講座の時間は2時間。
最初に俳句の基本や、簡単に俳句が作れる技について
面白可笑しくお話くださり、あっという間に時間が過ぎる。

笑いと感心に包まれながら1時間が経過ところで
問題の時間がやってきた。

「では皆さん。先程の要領で一句作ってみましょう。
 お配りした用紙に書いて、出来た人から提出してください。
 時間は5分。後ほど私が選んで賞を発表します」


…5分!?


作るにあたってルールと補足事項があった。
・最初に5.7を好きに作る。季語は必ずその後に選ぶこと。
・季語は配られた用紙の後ろに5音の季語集(100語程度)が
 あるのでその中から選べばよい



開演の前にうっかり季語集を読み込んでいた私。
その時、どうしても心惹かれた季語が頭から離れずにいた。

その季語とは春の季語「山笑う」だ。
しかし一旦忘れなければいけない。


……。


どうしても忘れられない。
a0960_000738.jpg


それどころか使いたくてウズウズしている。


…心の中で先生に謝罪し、季語を元に作ってしまった。
その俳句がこちら↓ (注意:ド素人作)


空も青 光あつめて 山笑う


a0810_000007.jpg

<一丁前に解説なんぞ>
今日は朝から晴天で気持ち良い一日の始まりだった。
会場入りする前のバスの中、ぼーっと遠くを見ると
山の緑が太陽の光によってキラキラと輝いていた。
(やっぱりこの季節が一番好きだなぁ)という状況の句。



おー!初めてにしては良い感じ!!
まるで気分は俳人である。

提出された句から先生が素早くチェックしている。
「前に貼りだす数点」→その中から優勝を決める
「貼りだす準備の間、先生が口頭で披露する数点」
「その他大勢の落選作」の3つに分けていたようだ。

そのチェックの早いことといったら神芸である。
俳句作りスタートから10分程度で選別が終わる。
500人の時も数分で全チェックするとのことに驚愕する。


さて、私の結果はというと。
…私の場合、季語を先につけようが、後からつけようが
問題はそこではなかった模様。案の定、落選の束に埋もれる。

あぁくやしい、次こそは!と思うものの
発表された俳句、貼り出された俳句は一味も二味も味わい深く、
それでいてどこかクスっとしたり、共感を得る作品だった。


俳句って面白い!


講座終了後、午後から次の会場で句会があるらしく
早々に会場を後にされた夏井先生。

全国を飛び回って俳句の種まき運動をなさっている夏井先生。
他の俳句教室を経験したことがないので何ともいえないが
夏井先生のようなお人柄や講座の勧め方、話し方だったら
初心者も恐れずに気楽に始めることができるだろう。

私も次の機会があったら是非参加したいし、何より
会場を後にした人たちの満足そうな顔が印象的だった。


ちなみに、夏井先生のファンになってすぐ購入した
超辛口先生の赤ペン俳句教室」。


サインをもらおうと意気込んでいったものの
全くもってそんな隙がなかったのが悔やまれるところである。


<今日の深呼吸>

---*----
ひっそりとブログ村にも生息中。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
---*----



category: 素敵なモノ・欲しいモノ

関連記事

Posted on 2016/05/26 Thu. [edit]

thread: 俳句  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --

26

身近な物で汗を止める方法 


数年前、友人の心遣いに感動したことがある。

うだるような真夏日、駅から歩いて友人宅に向かっていた。

汗かきの私はその日も大量に汗を流していた。
頭や顔を中心に流れてくる汗をハンカチで拭いながら
真っ赤な顔で到着する。

そんな私に、友人が真っ先に渡してくれたのは凍らせた保冷剤だった。

~Amazon~



「暑いんで凍らせておきました~。
 仕事で外回りから戻った時に顔に当てると気持ちよくって」


……。
a0002_012052.jpg

…危うく抱きしめてしまうところだった。

こういうのを気が利くというのだろう。
男だったらその場でプロポーズをしていたと思う。


汗かきさんなら分かるだろうが、
涼しい部屋に入ったからといって急に汗が止まるわけではない。
駅に着く、会社に着いて座る、など
動きが止まったても暫くの間は汗が止まらない。
寧ろ、動きを止めた途端に今まで以上に汗が流れ落ちてくる。


↓私ならもっとリアリティのある暑さをお届けできる。

(c) .foto project



しかしその日の私は違った。
保冷剤で額や首元を冷やしたら汗がピタっと止まり
上の写真のような余裕な表情でいることができたのた。

ここで初めて、保冷剤は制汗剤になると知る。
なんなら市販の制汗剤より効果があるし、即効性がある。


その日を境に私の中で保冷剤が大活躍する。
今では夏の外出には欠かせない必需品だ。

たとえば通勤時。
自宅から最寄り駅までの10分足らずの間に
異常なくらい汗が噴き出し、それだけで帰りたくなっていたが
保冷剤をハンカチに巻いて首筋などに当てながら歩いてみると
汗が出なくなり、長年のストレスから解放された。


「今さらかい。知ってるわ!」というツッコミはしないでいただきたいが
他にも保冷剤は様々な場面で活躍するということに気が付く。


●眠気覚ましに
仕事中、眠気に襲われることがある。
コーヒーやミント系の刺激物が苦手な私は、
会社にストックしてある保冷剤で首筋やおでこを冷やす。
スッキリ!まではいかないが、ある程度は解消される。

●発熱時に
アイスノンで頭を冷やし、同時にワキの下を保冷剤で冷やすと
随分楽になることが判明。


保冷剤によって肌触りに違いがあることも知った。
滑りが悪く肌にあてた時に不快感のある素材もあるので
お気に入りをぜひ見つけよう。


感動のあまり、私と同じく「汗かきが悩み」の友人に
「通勤時の保冷剤持ち」を勧めてみた。

「ほんとに!? 試してみるわー!」 という返事を期待していた私は
速攻で返ってきた友人からのLINEを見て愕然とする。


「めっちゃ人が通る梅田のど真ん中を
 保冷剤持ちながら歩きたくないわ…」



…私はそっと返信した。


「そんな露わに持たんでも、ハンカチで包むとかさ…」



<今日の深呼吸>

懐紙で包む、 まごころを贈る



---*----
ひっそりとブログ村にも生息中。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
---*----



category: ◎愛用品

関連記事

Posted on 2016/05/24 Tue. [edit]

thread: コレ、すごいよ!  -  janre: ライフ

TB: --    CM: --

24

紫外線対策で「洗い流さないヘアトリートメント」を変更した 

洗い流さないトリートメントをはじめ、
ワックスから白髪染めまで
ヘアケアは美容師さんお勧めの
ミルボンシリーズを愛用している。

~関連記事~
洗い流さないトリートメント&ワックスの関連記事
白髪染め関連記事「自宅で白髪染め ~業務用を使用中~」

3月に美容院に行ったとき、美容師さんから
洗い流さないトリートメントの新商品情報を聞く。

まだ詳しい情報がないらしく、詳細だけ聞くと
現在使っているミルボンのトリートメントに
紫外線カット効果がプラスされて発売されるらしい。

A.jpg
ディーセス エスジューダ サントリートメント(SPF25/PA+++)
※リンク先はミルボン公式サイト


髪のダメージ要因のひとつ「紫外線」。
顔や体は日焼け止めを塗ったりと気を遣うが
スプレータイプでない限り、
なかなか髪まで気が回らないのが事実。

そういえな先日、営業職の人へのプレゼントにと
アユーラで真っ先におススメされたのも
紫外線によるダメージを抑える商品だった。
その時の記事「2000円の贈り物~40代女性に~」


それから約2か月後。
発売された現品とカタログを見せてくれた。

従来のシリーズは「細い髪用」「普通~固い髪用」の
2タイプだったが、今回は髪のタイプ別ではなく
通常のミルクタイプ(エマルジョン)と
オイルタイプの2種類になるとのこと。


美容師さん曰く、軽く仕上げたいならオイル、
しっとりさせたいならミルクタイプとのこと。
(オイルの方がしっとりしそうなので聞き直したが、
ミルクの方がしっとりするらしい)

「野良さんはどちらでもいいと思いますよ。
個人的にはオイルタイプが好きですが手がベタつきます。
ミルクタイプは使用した後、塗れタオルで拭くだけですが
オイルはベタつきが残るので手を洗います」

ミルクタイプ
IMG_8354.jpg

オイルタイプ
IMG_8355.jpg


オイル好きの私としてはオイルに惹かれるが
ベタつくのは嫌だなぁ…と一瞬思ったが、
よく考えると現在のミルクタイプでも使用後は
石鹸で手を洗うので一緒ということに気がつく。

さらに思い出すと、私は髪を朝洗う。
「洗髪→トリートメント塗布→タオルで巻く→体を洗う」
の順番なので、結局はどちらでも一緒ということに気がつく。

以上を頭の中で整理した結果、オイルタイプを選ぶことに。


心残りなのは使用中で2/3以上残っているミルクタイプのこと。
「今から秋口までUV付きのタイプに変えたいんだけど
 使いかけのはその後も問題なく使えますか?」と聞くと
「全然大丈夫ですよ!」との答えが。
これで心置きなく切り替えできる。


早速次の日からオイルタイプに変更してみる。
タオルドライ後の髪に塗布してドライヤーで乾かす。
使用感はミルクタイプとさほど違いがないように思う。
いつもと変わらず、手触りの良い仕上がりだ。
微妙だが、香りはミルクタイプの方がある気がする。

ただ、オイルタイプだとシャンプーの泡立ちが悪いので
美容師さんオススメの二度洗い()している。
※美容師さん談↓
「ワックスとかつけたら泡立ちが悪くなるので、
僕は最初に安いシャンプーでザッと洗って、その後に
美容院用のシャンプーで丁寧に洗う二度洗いをしてます」



さて、このシリーズの最大メリットである
UVカット効果を活かすには
長い外出時に再度塗り直すことだと思う。

試しに乾いた髪に使用してみた。
オイルタイプなのでベタつきを心配したが問題なかった。

ボトルは小ぶりの方とはいえ、持ち歩くにはかさばる。
詰め替えボトルで持ち運ぼうかとも思ったが、
化粧直しも面倒くさい私は塗り直すことはないだろう。

朝だけこのトリートメントでUVケアを行って
日中出回る場合は帽子を被る、もしくは
体・髪に使えるスプレータイプが楽かなと思っている。


オイルタイプ↓


   

ミルクタイプ↓





<今日の深呼吸>↓


---*----
ひっそりとブログ村にも生息中。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
---*----



category: ヘアケア・白髪ケア

関連記事

Posted on 2016/05/22 Sun. [edit]

thread: 美容・健康  -  janre: ライフ

TB: --    CM: --

22